オーバーランド

オーバーランドはメルボルンとアデレード間の列車の旅です。

オーバーランドは、メルボルンとアデレード間を昼間に運行されてます。のんびりと、快適に旅行ができ、車窓から広がる、マリーの木や緑や黄金に輝く大地を楽しめます。

null

オーバーランドの詳細

列車の全長; 189m
平均重量: 322トン
路線の全長 828km
所要時間: 10.5時間
車両の総数: 7車両

1887年の10月にオーバーランドはヴィクトリア州とサウスオーストラリア州の州境を超えて、植民地間の特急として、登場しました。途中、いくつかの地方の町に停車しながら、各州の州都である、メルボルンとアデレード間で運行されてました。元々、この特急は食堂車もある寝台列車で、1926年にオーバーランドという名前になりました。

null
null

第二次世界大戦後、オーバーランドはエアコンディショナーを導入したり、世界で初めての寝台車にシャワーを完備し、有名になり、とても好評でした。1950年代には、伝統的な蒸気機関車から、ディーゼルエンジンに移行しました。現在、オーバーランドは週2回アデレードとメルボルン間を往復してます。乗客の皆さんは、レッドサービスまたはレッドプレミアムサービス客車でくつろぎ、リラックスした列車の旅をお過ごしいただけます。アルコール類の販売もあるレストラン、カフェ828も併設しております。


© 2017-18 GREAT SOUTHERN RAIL公認オフィシャル日本語サイト