ダーウィン〜アリススプリングス 1泊2日

又は逆方向

ダーウィンからアリススプリングスまでのアウトバックを駆け抜けるオーストラリア大陸を縦断する壮大な旅。

Day 1

ダーウィン出発〜キャサリン

BATCH02-GHAN2__V8A4655_HR

歴史的な列車・ザ・ガンに乗車、フレンドリーなスタッフに迎えられます。快適なプライベートキャビンでリラックス。出発の汽笛を待ちます。

出発の汽笛が鳴り、歴史的な列車の大きな車輪が回り始めます。あなたはクィーンアデレードレストランに招かれ、上質なワインと美味しいランチを堪能します。料金にはすべての食事と飲み物が含まれます(一部アルコール類は有料です)。食後はキャビンのプライベート空間を楽しむのもよし、専用ラウンジ車両で共に旅をする仲間とのひとときを過ごします。

BATCH01_V8A0465-HR

1:40pmキャサリンへ到着です。砂岩の壁がそびえ立つダイナミックな景観のキャサリン川でのリバークルーズをお楽しみ下さい。

_MG_4715
BATCH02-GHAN2__V8A4317_HR

他のツアーとして、先住民族アボリジニのアボリジニ文化体験もお楽しみ頂けます。体験にはバスケット織り、槍投げ、アボリジナルペイント、伝統楽器のディジュリジューも含まれます。

Katherine-Gorge,-Northern-Territory

カカドゥとニトミルク国立公園をヘリコプター又は小型飛行機から楽しむことも可能です(追加料金)、太古の時代にアボリジニ達が信じていた、レインボーサーペント(虹色の大蛇の意味)が生息しているといわれるBolungと呼ばれる渓谷を見ることが出来ます。

列車に戻ると、クィーンアデレードレストランでディナーの時間です。ここまでの旅で出会った他のゲストと楽しい一時をお過ごし下さい。熟練のシェフ達は、3コースのプレミアムディッシュを提供してくれることでしょう。レストランで極上の時間を過ごした後は、お部屋に戻り、就寝前のナイトキャップをお楽しみ下さい。

BATCH02-GHAN2__V8A2660_HR
BATCH02-GHAN2__V8A0642_HR
Day 2

アリススプリングス

BATCH02-GHAN2__V8A1143_HR

アウトバックのサンライズで、爽やかに目覚めたら、コーヒーとジュースをお楽しみ下さい。豪華な朝食の後にはアリススプリングスでのエクスカーションの時間です。

アリススプリングスでは、往年の歴史と繁栄文化、そして今日のユニークなライフスタイルを垣間見ることができます。地元のランドマークを訪問するか、デザートパークでは最前列の席でバードショーを楽しみます。
オーストラリアの息をのむような部分を理解するために、古代のマクドネル山脈の上空をヘリコプターで遊覧飛行も大変人気です。 360度の景色を眺めながら、この3億年の歴史のある山脈の独特の美しさを体験してください。

Rock-and-Olgas-Heli-Tour
BATCH02-GHAN2__V8A2587_HR_colouredtest

Exposed off Train Excursion detail panel revealed by plus icon.

Omnit odis voluptae velesto beri to ma pa pa derum sit eaquatus, sequi consectempos cusciunt fugiat.Ur alis qui nobit essequo volo optateturem nobis andus que dolore pratis unt quaeped ex et, quat vellis sam quos exerruptas et ditati dus doloribus et labore vendion conseque invere, omnim reste pe volorpo rendissunt hil illo quas nonseque quam et es dollabo. Nam es et ressum que que aute vit veliquod et vit in re commodi iur?

Num inciendandit elestec eaturibus porepra none sequis et occumque poritaecto to magnam harionseque nihicturio ime nihiliquam ad maximinvella prectus, cuptation eatio. Mi, totatem quias accullaut endi dicitiis aped quam fuga. Vendipsam volupti scitatque latustibus.

詳細はこちら

© 2016 GREAT SOUTHERN RAIL公認オフィシャル日本語サイト